ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンセキュリティの新常識?

一般的にパソコンのセキュリティと言えば、ウイルスやスパイウェアの対策、その他不具合を起こすファイルの駆除を指します。

具体的な対策を述べるなら

① ウイルス対策

② スパイウェア・アドウェア対策

③ 不正アクセス対策


があります。この三ヶ条は初心者から上級者まで非常に幅広いレベルの人に当てはまる常識です。

ちなみにそれぞれ
①ウイルス対策・・・・・・・・・・・・・・・有料&無料アンチウイルスソフトなど
②スパイウェア・アドウェア対策・・・有料アンチウイルスソフト、Spybot S&D、Ad-Awareなど
③不正アクセス対策・・・・・・・・・・・WindowsXP(SP2&SP3)付属のファイアウォール、ZoneAlarmなど
といった方法で対処することができます。

本来ならそれぞれについて詳しい説明をしたいところですが、まぁそれは既に挫折済みなのでまた今度www

今回は上記の三ヶ条を一度挙げておきたかったのと、その三ヶ条が早くも崩れ去ってしまうことを書きたかったのです(謎)

パソコンのウイルスは『アンチウイルスソフトを入れていないと感染する』という通説があります。
これはインターネットが一般化した1998年(Windows98の発売)からずっと言われ続けてきたことです。
特に複雑化した現代のインターネット及びプログラム状勢では、どんなにパソコンに詳しい人でもウイルスの脅威から逃れることはできません。
(ファイル実行による極めて単純な感染は稀ですが、ホームページ閲覧の際の「JAVAスクリプトの不正実行」や、
「悪質なcookie」、「不正コード」などを挙げておきます。)
なので、アンチウイルスソフトは必須なものとされ、駐在していないパソコンは危険(というか感染している)と言われ続けていました。

しかし最近、そんなウイルス事情が変わり始めているように感じます。
それはアンチウイルスソフトを導入しないパソコン中級者が増えたからです。
これは極めて実験的な結果でしかないのですが、危険性を知りながらウイルス対策をしないユーザーのほとんどがウイルスに感染していません。
もちろん、実情として「ウイルス対策をしてないけどウイルスないぜ」などと書き込むと、「気がついてないだけ」との批判が多い。
ただ、この丸裸ユーザーが増え、皆が同じことを言い出すと状況が変わってきます。

アンチウイルスソフトを使わなくても、ウイルスにかからない
ということを実証するのはいささか早計ではありますが、

・アンチウイルスソフトを導入していなくても感染の兆候が見られないユーザーが多い
・アンチウイルスソフトを導入していても、感染の警告が出たことがない
・            〃          スキャン結果でウイルスが発見されたことがない

などを踏まえると、アンチウイルスソフトは将来的に不必要とされる日が来るのかもしれません・・・

ただし、初心者には当然必要ですし、間違って実行ファイル(.exe)を起動した際の最後の保険がなくなるということだけは強調しておきたいと思います。




約3週間ぶりのブログ更新となってしまった・・・(汗)
どうして唐突にこんなことを書いたのかというと、14ヶ月お試し版ウイルスバスターの期限が今年いっぱいだからですw
順当に行けば来年からはAVG Anti-Virus Free Edition(通称AVG)を使い始めるでしょうが、
フリーソフトに一抹の不安を感じ始めてたり・・・(いまさらですがw)

いまだに知らない人が多いようなので書きたいことが一つ・・・

フリーのアンチウイルスソフトAVGは昨年から日本語版があります!

少しでもAVGユーザーが増えることを願って・・・・


今年中にステマニDWI譜面を10個うpしたい眼鏡であった・・・


関連記事

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/89-58e638fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。