ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

Avidemux でIフレーム (キーフレーム)を増やす方法

mp4やAVIなどの動画を劣化せずに切り取る事ができるフリーソフトAvidemuxですが、
劣化しない条件として、

①.再エンコードしない
②.必ずIフレーム(キーフレーム)で切り取る

というのが絶対条件となっています。
(詳細は割愛しますが・・・)

ならばエンコードしてキーフレームを増やそうじゃないか!
というお話。



Avidemuxは動画の切り取りはもちろん、フィルターをかけたりエンコードしたりも
自由自在にできます。

今回は、Avidemuxの動画エンコード昨日を使って、Iフレーム(キーフレーム)を
細かく挿入し、動画を細切れにしやすいようにエンコード(加工)します。


1、映像出力を Copy ⇒ Mpeg4 AVG(x264) に変更

※汎用性の高いMP4(映像:H.264・音声:Copy)を想定


2、構成をクリックしてH.264のエンコード詳細を設定



3、「フレーム」タブを開きIフレーム(キーフレーム)の設定に進む



4、IフレームのGOPサイズを 最小5 最大10 に設定

GOP(Group Of Picture)ってなに?


5、出力形式を MP4 Muxer に変更

※H.264が格納できればどんなコンテナでも問題ないが、整合性を取っておくため


以上。

上記のエンコード(GOPサイズ5~10)をすることで、
5フレームから10フレームに1回はIフレーム(キーフレーム)が挿入されます。

動画の一般的なフレームレートは25~30フレーム/秒なので、
0.3秒~0.5秒ぐらいの刻みでIフレームが挿入されます。

「通常の動画を任意の部分で無劣化で切り取りたい」という要望で
0.3秒(5フレーム)刻みで切り取れれば十分なのではないでしょうか?

(H.264(GOP5~10)で1度エンコードしているので無劣化というわけではありませんが)

ちなみにキーフレームが激増するのでファイルサイズも大きくなります。
とはいえ、(可逆圧縮Huffyuvの)AVIにエンコードしてから編集するよりは
簡単かつデータ容量少なめで作業ができるため、良くも悪くも「ほどほど」に
細かく切り取れる方法でした。

(最後に再エンコードすればデータ量は減らせます)




おまけ
音ズレ修正方法


シフトにチェックを入れて+や-で調整
・音が早すぎる場合は+
・音が遅すぎる場合は-
●単位はmsなので、100(0.1秒)ずつズラせば合うはず
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/664-a2f7dd80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)