ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

楽天証券 ETFカンファレンス2018 かわら版


楽天証券さんが主催しているETFイベント
ETFカンファレンス2018に行って来ましたので、
簡単な感想など。

講演の前半

朝から頑張って参加する元気はなかったので聞けていないです。


講演の後半

13時半に到着し、後半全てを聞いてきました。


【■会場の雰囲気】
  ・こういったイベントは、インデックス投資ナイト以来でしたが、まぁ想像通りの会場でした。
   お堅い雰囲気で登壇者が一方的に話をするという大学の講義スタイル。

  ・年齢層は幅広く、資産運用に熱心な40代~50代を筆頭に、個人事業主っぽい30代が
   メインといった感じ。20代~30代前半の若い世代も会場全体の2割ぐらいはいました。
   でも男女比は圧倒的に男性が多い印象でした。

  ・比較対象がインデックス投資ナイトしかないのであれですが、
   おそらく投資ナイトが異常なんでしょうね。しいて言うなら山崎氏のプレゼンだけは
   会場の笑いを誘っていました。



【■世界経済の構造変化と日本の進路 - 第四次産業革命への挑戦】
  ・寺島 実郎氏の講演です。色々と情報を提供していただきましたが、
   流石にたった1時間の講演ではかなり消化不良気味な感じで終了。

  ・株式時価総額の話
   ∟トヨタ自動車の株式時価総額は23兆円(日本一)
   ∟IoT米国大手5社(GAFA+M)400兆円規模
     ∟Google【85兆円】
     ∟Apple【95兆円】
     ∟Facebook【49兆円】
     ∟Amazon【85兆円】
     ∟Microsoft【81兆円】
   ∟テンセント【43兆円】
   ∟アリババ【48兆円】

   日本一のトヨタでたったの23兆円企業
   世界の大企業から大きく取り残されている状況。
   日本の最大手5社の時価総額の合計が62兆円
   つまり日本のトップ5企業が束になってもGoogleやAppleに勝てない
   ⇒それほどまでに、日本と世界の差は開いている。

  ★株式時価総額がそんなに重要なのか???
   ⇒企業は「時価総額を超える投資」はできない

  ★世界で何が起こっているのか???
   ⇒今は「夢に金がつく時代になった。」
     ∟昔はじっくり育ててゆっくりと資金集めをして大きくなった。

  ・資産形成の話
   ∟日本は長い間「低所得時代」が続いてきた
    ⇒30代・40代・50代の中年世代は
     資産形成ができないまま高齢化を迎えようとしている。

  ★低所得時代とは???
   ⇒21世紀以降の家計消費構造を参照
    ∟【大きく増えたもの】
     ・諸雑費、通信、調理食品、自動車関連費、
     【大きく減ったもの】
     ・こづかい、交際費、家賃、仕送り
     ⇒ここから見えてくること
       ∟交際費や家賃をケチるようになった=貧乏になった
       ∟諸雑費や通信費にお金をかけるようになった
       ★外出などをケチる一方で、渋谷ハロウィンの仮装費用は出したり、
         スマホのための通信費はケチらない。
         日本人は貧乏になっている。




【■ETFで広がるREIT投資】
  ・投資信託の不動産版であるところのJリートのお話

  ・Jリートの時価総額はここ最近ずっと横ばいなので、
   どんな苦しい話をするのか?と思ったら私の大きな勘違いを指摘してくれた。

  ・売却益(キャピタルゲイン)(安いときに買って高くなったら売る)ではなく、
   分配金(インカムゲイン)(いわゆる配当金)を狙う投資法である。

  ・基本的には家賃収入の再分配が個人投資家の利益になる
   その家賃回収元である物件ジャンルの組み合わせを考える事が重要
   「ホテル」「商業施設」「オフィス」「住宅」など、景気に左右されやすい物件や
   リスクの大きな物件などがある。

 ★Jリートは、昔は不動産資産投資であり、数値の上下が激しかった。
   しかし今は家賃収入の分配金が利益のメインとなりつつあるため、
   高利益な分配金にて安定的に高いリターンが見込めるのでは?

   とのことでした。



【■今! 金・プラチナETFへの投資を考える 】
  ・色々と苦しいジャンルの投資法だと思っているんだけど、
   どんな話をしてくれるのか、期待していました。

  ・特に興味深い話はありませんでした。
   「資産としての金(ゴールド)は、現物資産なので安心感がある!」と
   言われましてもですね・・・



【■ETF投資家が知っておきたい!資産配分の作り方】
  ・お馴染みの?山崎 元 氏の講演です。
   記憶に残った名言?だけ抜粋します。

 ★長期投資でダメな商品は、短期投資でもダメ
   積み立てNISAで選べる投信ファンドは、長期投資に向いているものを
   選定している(といわれている)
   つまり、NISAに選ばれないファンドは長期に向いていない
   =短期投資にも向いていない(笑

 ★マクロ経済モデルを参考にした数値は使えない
   扱う規模が小さいため、政治など外的要因に左右されやすい
   無難なのは「機関投資家の平均」





以上、簡単なレビューでした。
証券口座を開設してから1年半。
こういった講演に一度も行ったことがなかったので、最初で最後の後学のために
知識の刷り合わせのために参加してみました。
どこぞの当時ブロガーさんが書いていましたが、
「インデックス投資のセミナーはどこも大体同じ話ばかり」というのは
おそらくその通りなんだろうなぁというのが本音です。

20年、30年とこつこつインデックス投資を前提とするならば、
セミナーごとに中身が違ってはコツコツ出来ませんからね。

リスクとリターンの見直し、自己資産のどれぐらいを投資に当てるのか?
は年1回程度を目処に修正が必要かと思いますが、
インデックス投資の基礎知識は数十年経っても使えるのでしょう。

  
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/655-61229431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)