ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

フリーソフトで堅牢なセキュリティを構築する

コンピューターウイルスや、不正なアクセスからパソコンを守るための手法です。
全てフリーソフトで対策していきます。

パソコンセキュリティの3ヵ条

 ・ウイルス対策

 ・スパイウェア・アドウェア対策

 ・不正アクセス対策


  上の3つの項目を、それぞれに対応したフリーソフトで対策します。
  つまりフリーソフトを最低でも3つ使うことになります。

  3つもインストールするのは面倒!設定したり操作するのは面倒!
  管理したくない! という人は、ウイルスバスターやノートンなどの有料ソフトを使ってください。
  5000円ほどかかりますが、上の3つを手軽に簡単に実行してくれるので安心です。
  また、使い方が分からなければ電話で聞けます。
  フリーソフトを使うということは自己責任ですし、誰も教えてはくれません。
  使いこなせなければ諦めてください。



・ウイルス対策
  いわゆる一般的なコンピューターウイルスからの対策です。パソコンがウイルスに感染すると、
  ・パソコンが起動しない  ・データが全部消えてしまう  ・操作を受け付けない  ・勝手に電源が切れる
  などの被害にあってしまう可能性があります。
  基本的にはパソコンをリカバリー(リセット)すれば直りますが、本当に悪質なウイルスに感染したパソコンは、
  一瞬で粗大ゴミになってしまうので注意が必要です。

 ○メジャーなウイルス対策ソフト
   avast!!  ・AVG  ・Avira
   どのソフトも一長一短があります。
   詳しく調べると、どれが本当に良いのか分からなくなりますw
   個人的には検出力が一番高いAvira AntiVir がオススメです。
   ソフトを更新すると広告が表示されて邪魔なのですが、逆に広告が表示されるからこそ
   ちゃんとソフトが機能してるんだなぁ・・・と実感することが出来ます。
   動作も軽いし、致命的なミスや欠陥が出ていないソフトなので是非使ってみてください。
   (個人的にはAvast!はトロイの木馬を飼ってる、AVGは検出力が弱いというデメリットを聞きました)

   ウイルス対策ソフトは、パソコン1台につき1つが原則です。
   1つ以上入れてしまうと、お互いをウイルスと誤認識して共食いしてしまうことがあるので、
   ウイルス対策ソフトは1つだけ導入してください。




・スパイウェア・アドウェア対策
  スパイウェアとアドウェアの対策です。
  パソコンがスパイウェアに感染すると、
  ・入力情報(個人情報)が盗まれる  ・保存しているデータが流出する  ・メールが勝手に送信される
  などの被害にあう可能性があります。

  アドウェアに感染すると
  ・勝手に広告が表示される  ・勝手に知らないページに飛ばされる  ・脅しのコメントが届く
  などの被害にあう可能性があります。

 ○メジャーなスパイ・アドウェア対策ソフト
   ・Spybot-S&D-  ・Ad-Aware
   どちらも昔からある有名なソフトです。
   Spybot-S&D-のほうが分かりやすく、動作も軽いようなイメージがあります。
   2本とも導入しても大丈夫ですが、どちらも常時監視機能があるので重たくなります。
   個人的にはSpybotだけでも十分だと思います。
   ただしデータベースの更新を忘れないようにしてください。



・不正アクセス対策
  不正アクセスに対する予防策です。
  不正アクセスとは、悪意のある外部の人間が、自分のパソコンに侵入して悪さをすることを指します。
  その弊害は様々で
  ・パソコンを乗っ取られて犯罪に加担させられる  ・ホームページを盗み見される
  ・パソコン内のデータを滅茶苦茶にされる

  など、あらゆる被害にあう可能性があります。
  ただ、基本的には既存ソフトの脆弱性(WindowsやIEなどのバグ)を突いて侵入してくることが
  ほとんどなので、ソフトの更新やウイルス対策をきちんとしていれば問題はないです。

 ○メジャーなファイヤーウォール(不正アクセス対策ソフト)
   ・ZoneAlarm Free Firewall   ・PC Tools Firewall Plus
   不正アクセスには、ファイヤーウォールと呼ばれる種類のソフトで防衛します。
   まるで防火壁のようにパソコンを被害から守るのでそう呼ばれています。

   最も有名なのはゾーンアラームというソフト。
   しかし個人的には使い勝手が良くなく、重いイメージがあります。
   ただし、フリーのファイヤーウォールといえばゾーンアラームであり、他に有名なソフトがないことも事実です。
   ウイルス対策ソフトのように絶対的に必要なツールではないことが理由ではないかと思います。
   また、ファイヤーウォールは、ソフトの起動や通信を管理し、事あるごとに遮断・排除するか否かを聞いてきます。
   なので、パソコンに詳しくない人がファイヤーウォールを導入すると、かえって混乱を招く恐れがあります。
   
   個人的なオススメはPC Toolsという会社のファイヤーウォール。
   動作が軽くて比較的扱いやすいと思っています。
   ただし、上に書いたようにまめに許可を求めてきますので、あまりパソコンに詳しくないと困るかもしれません。



・ワンランク上のセキュリティ環境を構築する
  上の3つの項目で紹介したソフトで、個人のセキュリティレベルとしてはかなり頑丈だと思います。
  "ウイルス対策ソフト"と"スパイ・アドウェア対策ソフト"の2本立てであれば通常は問題ないです。
  まぁ今回書いた程度の話でしたら、他のサイトでも多数紹介されているので、
  プラスワンということで以下に追記します。

  ○強力なウイルス対策ソフト"ClamWin Free Antivirus"
    強力なデータベースを持っているウイルス対策ソフトです。
    新種のウイルスや未知のウイルスも検知できる可能性があります。
    駐在機能がついていないのが欠点で、外部からの攻撃は検知できません。
    逆に駐在機能がないので、他のウイルス対策ソフトと併用しても大丈夫です。
    出所が怪しくて、相当念入りに調べなければならないファイルがある場合は、このソフトがベスト。
    USBフラッシュメモリーに入れて持ち運べるポータブル版もあるので、外出先でも使えます。


  ○スパイ・アドウェア対策の手軽な補助ツール"SpywareBlaster"    
    スパイ・アドウェア対策の補助ツールです。
    駐在しないので、パソコンへの負荷なしでセキュリティを高めることが出来ます。
    ソフトを起動して保護機能をかけると、アクセス禁止リストをブラウザに埋め込みます。
    これで、悪意のあるサイトからの攻撃をブロックすることが可能です。
    スキャンして検知するのではなく、設定したルールに基づいてアクセスを弾くので動作が鈍くなりません。
    自動更新はできないので、まめに手動でデータベースを更新して設定する必要があります。


  ○ウェブブラウザにインターネットエクスプローラーを使わない
   インターネット接続の大口となっているウェブブラウザにIEを使わないという対策。
   これはIE脆弱性を狙った攻撃を避けるのに有効な手段です。
   またIEにはTridentというレタリングエンジンが使われています。
   なのでGekkoというエンジンを載せているFirefoxや、WebKitというエンジンを載せている
   GoogleChoromeなどに乗り換えることをオススメします。


  ○既存ソフトのバージョンを最新のものにする"Secunia PSI"を使う
   FlashPlayerなどのAdobe製品から音楽管理ソフト、メールソフトまで色々なソフトが
   最新バージョンであるかどうかをチェックする。
   これにより脆弱性やセキュリティホールの発生を防ぐ。
   全てのソフトを更新するのは面倒なので、Secunia PSIを使って一括更新することが可能。


  ○実行中のプロセスを目視で確認し、脅威の活動を監視する"Top Process"
   Windows Vista/7 用のサイドバー・ガジェットです。セキュリティ対策ソフトではありません。
   パソコンがどんな動作をしているのかをリアルタイムで表示します。
   このメーターを毎日見ることで、普段は動作していない怪しいプロセスがあったときに発見できます。
   正直かなりマニアックな方法ですが、最終的には人間の目視が一番ということで。

   最近の悪質なソフトウェアは、バックグラウンドでこっそりと機能することが非常に多いです。
   パソコンの動作が鈍いと気づいた時には手遅れなので、やはり目視で毎日さりげなく監視することが
   何よりの防衛なのかもしれません。
関連記事

テーマ:インターネットセキュリティー - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/561-590c6b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad