ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が初めて名前を覚えたアニメ監督は『梅津泰臣』氏だった・・・

最近、古いアニメにはまっている。
特に初めて見た深夜アニメを掘り返して見直すのは、アニメを知るだけじゃなくて、
自分のアニオタ人生を振り返る刺激にもなった。

特に印象的だったアニメはMEZZOという作品だ。
前の記事で感想を書いたが、私はこのアニメに強烈な魅力を感じた。

このMEZZOというアニメは、R-18アニメのスピンオフという当時珍しい経緯を持つアニメだった。
そしてそのうたい文句が
『ハリウッドにもその才能を認められた「魅せる」アニメを作るクリエイター「梅津泰臣」の初監督作品!』
だったのだ。
この梅津監督を調べていくと、私が過去にインパクトを受けた作品がいくつも挙げられていた。
例えば
"NHKにようこそ"のオープニングと原画
"それでも町は廻っている""魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~"のオープニング
"テガミバチ""東京マグニチュード8.0"の原画
"魔法少女リリカルなのは"のオープニング
"エルフェンリート"の原画

こんな感じである(ファンに好評ななのは無印OPまで作っていたとは・・・)

監督ではなく、あくまで演出家・原画家として仕事をしているので、
知名度はあまりないかもしれないが、私は初監督したMEZZOでファンになった。

今は梅津氏が監督をした"KITE LIBERATOR"(2008年のOVA)を見ている。

参考作画@wiki - 梅津泰臣


「なのは好きってベテランのおっさんみたいなのに、初音ミクも好きとか、
 "コア"なのか"にわか"なのかよく分かんない趣味だよね」

 ↑最近友達に言われた言葉です。
 確かになのは厨はオッサン世代だし、初音ミクはニコ厨だからガキっぽいですね・・・

 そんなジェネレーションギャップ的な趣味に、今回は梅津泰臣さんが加わりましたw
 ちなみにこの人、今年で60歳w
 もうベテラン過ぎて本とか出版してます。ガンダム世代のオジサン監督が好き!
 とか言ったら「また変な趣味が出たね」って言われそうw

 でも「NHKへようこそ」のオープニングムービーは相当インパクトあったし、
 だからこそオタクになる前に見たMEZZOでも凄くインパクトがあった。
 今期だと「それでも町は廻っている」のOP動画は相当センス良いと思った。

 そして、KITE LIBERATORを少しだけ見た。
 MEZZO同様に、ダンディーで大人の雰囲気が出てて、完全に大人向けアニメだと思った。

 今の萌えアニメに飽きてるって言うのもあるけど、男ばかりが出てきて、
 梅津氏が得意のアクションシーンを出せば、気分がスカッとする事実!

 なのは原作の"都築真紀"さんといい、"梅津泰臣"さんといい、
 おじさん世代の作る作品が肌に合うのかなぁ・・・w

関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

世代

なのはを好きな人はおっせん世代?

初めて聞きましたね。
地元、男女とわず若い世代に大人気アニメだから若い世代になります。

地域によっては違うですかね?

あと、アニメ監督の名前を覚えたないのは流石にまずいですかなε=┏(; ̄▽ ̄)┛

  • 2010/12/18(土) 00:43:18 |
  • URL |
  • Heiro #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/507-4d5f131c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。