ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

serial experiments lain というアニメを見たんだ(感想)



serial experiments lain、通称レインと呼ばれているアニメを見た。

1998年に放送されたアニメなのだが、噂通りの意味不明なアニメだった。

人はみんなと常に繋がっている、リアルワールドとコンピュータネットワークが一緒になる、
というインターネットと現実を対比・投影したような作品になっている。

驚くべきはそんなテーマを1998年度に作品化していることだと思う。
それも未来型のSF調アニメではなく、限りなくリアルな追求をしている。

私が見ていて感じたのは、フリーソフト"ゆめにっき"のようなイメージだった。
また、後半ではアニメ"エヴァンゲリオン"のような意味不明でもどかしい、
それでいて続きが気になるアニメだった。

名前を聞いたことのある人、興味を持った人は、一話目を見てみてはどうだろう?
かなり人を選ぶアニメで、開始5分で打ち切るか、気がつけば5話6話と見てしまうか、
どちらかの衝動に駆られると思う。

いずれにせよ、最近のカラフルな萌えアニメに飽きている人にオススメの一作である。


lain(公式サイト)
serial experiments lain(Wikipedia)


以下、戯言
感想を述べるなら「うん、わけ分かんね」と言うしかない。

それでも、最近の深夜アニメに飽きてきたアニオタとしては良いおやつだったように思う。
映像の演出、そしてネットワークやコンピューターの描写はとても興味深い。
後半、少しだけ専門的な話になるのだが、それが現代のIT事情と酷似しているから凄い。
おそらく10年以上前から予測されていた問題についてよく調べたのだと思う。

私がこの作品で好きな部分は、わけ分からないけどリアリティがあること。
あとは非常に論理的であること。
その分、頭を働かせなければならないし、アニメを見ている間も別のことを考えていた。

このアニメ、アホが見たらまったく理解できないと思う。
だからといって、頭が良くても理解はできないだろう。
でも、頭の良い人は、何かを悟るんじゃないかなとは思う。

「ネットワークは現実社会の上にある存在だ」
それを聞いて、即座にその矛盾を考えられる人なら、楽しめるアニメだろう。

「結局、何がしたかったのか?そもそも主人公がいなければならない理由はあったのか?」
後半になればこんなことを視聴者は考えるだろう。
それは主人公も考える。絶対に論理的ではない答えが出ないアニメ。

厨二病といわれればそれまでかもしれないが、そんな厨二病をずっと発祥し続けて見ていれば、
何かを悟って少しは賢くなれるのかもしれない。


関連記事

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/496-fcf58bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。