ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリムな人型ロボットを開発!のニュース

久しぶりにニュース記事の紹介。

朝日新聞を読んでいたら、ネコ型ロボットならぬ人型ロボットの記事があった。

人型ロボットというと、私は真っ先にアシモを思い出すのですが、
世の中どんどん技術が進化しているらしい。

スリムで軽快、人型ロボット=家庭や職場への導入実験台―産総研と川田工業が開発(asahi.com)

記事によると、

身長151センチ、体重39キロ(バッテリー含む)で、背中にパソコンを搭載できる。
2003年販売開始の「HRP-2」に比べ、身長はほぼ同じだが、
体重は構造を簡素化して58キロから3割減量。
価格も1体3800万円から3割ダウンの2600万円とした。

モーターで動く関節の軸数は30から34に増え、動きがより滑らかになった。
HRP-2はこれまでに約20体売れた。新型は年3~5体の販売を見込む。
二足歩行の長所が最も発揮されるのは、階段や段差があり、家具も多い家庭内だという。




一番驚いたのは、身長と体重である。

一昔前までの二足歩行ロボットといえば、とにかく重い印象がある。
軽くても100kg前後で、テレビのような顔を持ち、ダルマのような体系をイメージする。

しかし今日の記事では、体重はわずか39kgだという。
これなら抱き上げて運ぶのにも難しくない重さである。
科学技術の進化や小型化、コストダウンには素直に感心した。

映画のように自由に走り回ったり、会話をしたり、人間に反乱したりするのはまだ先だろうが、
公共施設での多少の実用になら耐えうるロボットとなりそうだ。

やはり最終課題は"指先の繊細な動き"と"高性能AI(人工知能)の開発"だろうか・・・


○ HRP-4のデモ



関連記事

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/474-36dc59cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。