ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"初音ミク Project DIVA Arcade♪"過剰人気は沈静化か



6月23日から稼動しているゲーセン版の初音ミク。
正式稼動から3週間ほどしましたが、どうやら初期の過剰な熱気は沈静化した模様(秋葉原調べ)

大体、1台当たり2~3人の需要があるような感じです(待ってる人1~2人)
それでもゲーセン開店中は常にプレーヤーがいるので、収益率は100%!
置いておけば限界一杯まで稼いでくれるので、収益減収しているゲーセンには嬉しい限りかと♪

最近は上級者(高レベルプレーヤー)はあまり見ません。
もしかして飽きてしまったのかもしれません。

そろそろマイナーアップデートと、年内に曲の追加があると思われます。
そしてその前に、今月30日にProjectDIVA2ndが発売されます。
PSP⇒ゲーセン⇒PSPと、セガは儲けるのが上手いですよねぇ・・・



さて、ゲーセンで色々なプレーヤーを後ろから見てるといろんな人がいる。

まぁ年齢性別がめちゃくちゃなのは今に始まったことじゃありませんが、
DIVAをキャラゲーと見るか、音ゲーと見るか、どっちもと見るか、で選曲やらの
雰囲気が違っていることに気がつく。

モジュール(着せ替え)の使い方もそれによって大きく違い、
毎回モジュールを変える人もいれば、ずっとデフォルトっぽい人もいます。

別になんでもいいんだけど、キャラゲーか音ゲーのどちらかとしてしか見れていない人は、
わりとすぐに飽きるんだろうなぁって思う。

キャラゲーな人ってゲームに執着心はないから、ちょっと遊んで終わり。
音ゲーの人はやり込むけど、所詮電子音?になんの感情も抱かないだろうから、
曲の魅力がすぐになくなり、やっぱり飽きる。

一番なのは、ミクが好きで曲も好きでゲームとしても頑張る人だろう。
意外と少ないです。そういう人。
レベル高いのに同じ曲しかやってない人(他の曲がどんなのか知らないから)とかあんまり好きくない・・・
あ、でも、PSP版やってるっぽい人で、ゲーセンで難しいのいきなり選んで撃沈してる人は好きですw

システム的には、コナミの音ゲーのように長期的にファンを獲得するのは難しいと思います。
ボタンの数や仕組みが、ミク厨向けに簡単なものになっているので、コナミで鍛えられている音ゲーマーは
すぐにレベルが達してしまって飽きるからです。
さらに新曲が追加されても、有名なJPOPなどが増えるわけではないので、結局はミク厨が好きだった曲を
ミク厨がやるだけ。音ゲーとしての魅力は低いと思います。

逆にミク厨には難しいゲーム。少なくとも音ゲー初心者がやるにはクセが強いです。
それでも、思い入れの強いミク曲をゲーセンという公共の場?でプレイできるので、それなりの満足は
得られるのではないでしょうか?

いずれにせよ、コナミほど長期的に収益を得るのは苦しい。
ただ今のミク厨は熱いので、曲さえまめに配信すれば優秀な貯金箱になるでしょう。




アーケードよりも、もっと熱狂的になりそうなのがDIVA2ndだと思われます。
今月末に発売されるPSP版ゲームの第二弾です。

基本的なシステムはそのままに、より曲と一体化した(要するにより音ゲーらしい)ゲームになっている
と思います。

特にニコニコ動画で先行配信されているプレイ動画は、総じて評価が高いです。
無印の初期はなかなか批判も多かったのですが、それでも売れたので、今回の2ndは相当数売れると思います。
というか売れます!絶対!


しかしながら、SEGAの敵を減らす戦術は見事なものです。
まぁ今回に限って言えば、社員にミク厨がいそうですけど。
一番の売れ筋商品になるので、会社が力を入れているのも分かりますが、とにかく頑張ってます。
理解できないぐらい頑張っています。しかもそれが良い方向に向いているのだから凄いw

演出面では、おそらくデータ量いっぱいにPVを組み込んでいます。
(噂だとPSP-1000で処理落ちするとかしないとかw)

選曲もよく考えています。
私のような古参厨から、リン・レン、ルカ厨まで、幅広いユーザーが不満を言わない程度の
選曲は絶妙だと思います。

さらに、PVやイラストはインターネットで一般から募り、製作費削減だけでなく、
無限のアイディアを集めることができています。
作品が集まれば集まるほど盛り上がり、宣伝力にも繋がります。

敵を作らない方法として、徹底的な市場(むしろネットユーザー)調査を行っている
雰囲気を作っている点もあります。
気がつけば「SEGAは一般から安くアイディアを盗んで儲けようとしている!」という意見は
ほとんど見なくなっています。
徹底的に消費者に向き合う戦略は、上手くいけばウィンウィンの関係を築けるのでしょう。


ゲームをやらない私も今から凄く楽しみです。
なんだかもうミクだからとかじゃなくて、純粋にゲームとしてどれだけ進化したのかが気になります。

早く発売してくれ~

(ですます文章をもっと直したいけど面倒だからこれで終わります。誰も読んでないことを祈る)
関連記事

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/441-99fa318f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。