ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法少女リリカルなのは』をアニメの原点とする眼鏡小僧の考察

前回の記事で、映画化決定に発狂し、アドレナリンを大量分泌していた
眼鏡ですが、落ち着いて考えてみるとリリカルなのはシリーズをバイブルと
する私の心情(?)は結構(かなり?)すさまじいことになっていますw
今回は、日記タグということで、思ったことを適当に述べてみます・・・


§深夜アニメの発見

私が記憶にある中で一番最初に見た深夜アニメは何だったのか?
アニメ年表によると『光と水のダフネ』(2004年1月)が、私の記憶の中
ではもっとも古い深夜アニメとなりそうです。
もっとも、この作品・・・2、3話しか見たことがない上に2クール作品のため
視聴時期が結構曖昧だったりします・・・



§深夜アニメ視聴の歴史

その後、意識して深夜をチェックし始めたのは同年4月より放送された
『美鳥の日々』のようです。この作品はOPこそ忘れてますが、
ほぼ全話見ている記憶があります・・・
また同月放送開始の『花右京メイド隊』も2、3話見ているので、私の
深夜アニメ視聴の歴史は2004年4月から始まっています。
意外と最近でびっくり(そしてもう4年目でびっくりw)

そして次クールの7月より『DearS(ディアーズ)』を全話見た記憶を通り、
後に若本人気で知られる『ニニンがシノブ伝』を3、4話視聴しました。
そしてごく最近まで最古の作品と思われていた『エルフェンリート』で、
血生臭い強烈な記憶を植えつけられましたw

さらに深夜視聴の歴史は続きます。
『神無月の巫女』(2004年10月)を2、3回見、夕方6時からやっていた
普通のアニメだとばかり思っていた『うた∽かた』を全話視聴し、
曜日・時間のタイミングが良かった『流星戦隊ムスメット』と『げんしけん』
も全話視聴してますw
そしてこの時期に、私のバイブル『魔法少女リリカルなのは』が放送されて
いましたが、全話を華麗にスルーしています。
私がこの作品と出会うのは、まだ先の話・・・

年をまたいで2005年1クール目・・・
『魔法先生ネギま!』を3、4話視聴。
私のセカンドバイブル『AIR』をもスルーし、一般人(?)へと人生を軌道修正?
し始めました。

と、思ったら同年4月。2クール目に当たる月で『こいこい7』を見てたりしますw
同月放送開始の『極上生徒会』や『英國戀物語エマ』も数話見ていることから
深夜アニメを見る習慣がまた始まったことが見て取れますwww
しかしながら、まだ定期的に見ているわけではありません。まぁその最大の
理由は、日常生活(学校生活)に支障が出るからな訳で・・・
つまりこの後、加速するんだろうなぁ
しかし、飛び飛びでアニメを見るとは・・・今では考えられない見方www

2005年も7月(3クール目)に入り、ついに深夜アニメを見る行動が、習慣化
していきますwww
『機動新選組 萌えよ剣』『あまえないでよっ!!』『涼風』を数話視聴。
さらに『D.C.S.S-ダカーポ・セカンドシーズン-』『奥さまは魔法少女』については
半分以上見た覚えがあります。

徐々に増え始めた深夜アニメの定期視聴。
10月に突入すると、全話視聴済みの『Canvas2』や『はっぴぃセブン』の放送
が開始されます。作品数は少ないとはいえ、アニメの良し悪しがわかるぐらい
に目が肥えてきましたw
そしてついに『魔法少女リリカルなのはA's』と途中ですが出会うこととなります。
不思議なことに(運命的に?)最初に見たシーンが・・・
ヴィ『悪魔め・・・』
なの『悪魔で、いいよ・・・』
という、まぁ衝撃のシーンからだったわけでw
そしてなのはシリーズお得意の戦闘シーンに入ります。
女の子が飛ぶわ、叫ぶわ、かっこいい魔方陣や光が出るわ、スケール
でかいわ、でもう衝撃の一言に尽きますね!
・・・ほら、早くも『!』マーク使ったりしてテンション上がってますよ(冷笑)

やっとなのはが出てきましたねw
まだ、歴史を語るのか?いやいや、そんなことはしませんよ。
だって2006年放送のアニメなんてほとんど見てるんだもんwww
やっぱりなのはを見た時期を起点に、深夜ハジマタ!ですねw


§何故『リリカルなのはA's』に強い影響を受けたのか?

2005年まで歴史をたどってみて、何故リリカルなのはだけに強い影響を
受けたのか考えてみた。
それまでに見てきたアニメは、『Canvas2』や『D.C.S.S.』のような
ギャルゲー原作の学園ラブコメでした。
(まぁこれは当時の深夜アニメの特色がゲームだったので当たり前
なのですが・・・)
そんな背景に見たのがリリカルなのはです。
ここまでで大きな違いはジャンルと考えていいのではないでしょうか?
『学園』『恋愛』『コメディ』『美少女』
から
『バトル』『友情』
への変化です。特に初めて見たシーンがシーンだっただけに、無意識に
『とてもよく動くアニメだ!』という印象を受けたんだと思います。
そして微妙にSFチックな演出(?)も私にとっては新鮮でした。

あああ



そして声優陣を調べ始め、田村さん水樹さんを知り・・・
現在に至りますwww

私にとって、リリカルなのはシリーズは
新ジャンルを開拓した、斬新で新鮮な作品
だったんですね(^^)

さらに、2005年はYoutubeの全盛期でもあり(当時はまだ動画1本
10分制限も日本語版もなかった)なのはA'sを見た私は
一気に無印を視聴しましたw

そんなこんなでアニメ好きに拍車をかけたなのはは最高です♪
関連記事

テーマ:ヲタク人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/44-421ea8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。