ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年アニメレポート】 - 6月 (春のアニメ終了)

2010年春クールのアニメが終了しました。
もう7月なので春というには暑いですけどねw

視聴したアニメ
  ・会長はメイド様!  ・B型H系  ・Angel Beats!  ・WORKING!!
  ・いちばんうしろの大魔王  ・閃光のナイトレイド  ・けいおん!!
  ・RAINBOW 二舎六房の七人  ・さらい屋 五葉  ・四畳半神話大系


感想まとめが続きます・・・



見終わったので、一本ずつまとめてみます・・・
また来年にでも見返せばいいんですが・・・



Angel Beats!
  今期最大の話題作。そして最大の問題作となったように思えます。
  最終回には驚きました。もう見た記憶を消してしまおうかと思ったぐらいにw
  着地する場所を見失ったまま終わってしまいましたね・・・
  
  曲はriaさんのOPはとてもよかった。
  逆にガルデモの曲がイマイチだった。ハルヒやけいおん!の方が上手い曲を
  出していたように思います。

  アニオタから見れば、AIR、Kanon、CLANNADに続く作品かと思ったんですけど、
  同列に並べるのはためらってしまいそうです。
  2クールやれば泣けるという評価もありましたが、感情移入するのは難しいと思うので、
  あの作風がある限り素晴らしい作品は作れないと思いました。

  最後に、このアニメが残したものといえば
  『天使ちゃんマジ天使!』でしょうかwかわいかったです!



WORKING!!
  放送局数が少なかったアニメ。
  四コマ漫画が原作ですが、とても面白かったです!
  珍しく「もう一度見直したいアニメ」にランクインしそうです!

  キャラがよく立ち、シナリオにも無茶がない。
  声優も独特な雰囲気を出しているし、OPもいい曲だと思いました。
  是非2期をやってもらいたいです!

  「もう一度見直したい」という話をしましたが、過去に沢山のアニメを見ていて、
  オススメしたいアニメや良かったアニメは沢山あれど、もう一度見直したいと感じるアニメは
  恐ろしく少ないと思います。
  私は170本のアニメを見ていますが、もう一回見直したい!と思うアニメは5,6本しかありませんw


 
けいおん!!
  今期も沢山のファンが見ていると思われる大人気アニメ。
  1期はCD販売と萌えを意識したアニメという流行に乗りまくったアニメに思えました。
  事実、まぁよく出来てるけど狙ってる感が強い感想を持ちました。

  2期目のけいおん!!(!が2つになりました)は、1期とコンセプトが全然違うように感じました。
  キャラクターの人格形成や、人脈形成は1期で終えたと言わんばかりのシナリオ展開に驚きました。

  高校生が見たらどうなのかは分かりませんが、大学生や社会人が見たらとても懐かしい、
  修学旅行や進路の話、梅雨や暑い夏など、学生時代にあった「あるあるネタ」を
  気取らず飾らず、ありのままに表現していました。
  見ていると本当に懐かしい気持ちになり、時には黒歴史を思い出して鬱になり、
  まぁ楽しませてもらいましたw

  アニオタなのであまり原作とか見ないんですけど、この構成というかシナリオは、
  間違いなく原作が良いから出来たものだと思います。
  1期ではキャラを魅せて、2期ではシナリオを魅せてる感じでしょうか

  WORKING!!でも書いたけど、このアニメも「もう一度見直したいアニメ」リストに入りそうです。
  今期がすごかったのか、自分の評価が甘くなったのか・・・?
  来年には社会人だから、なおさら学生くさい学生生活を見せられると弱い・・・



いちばんうしろの大魔王
  記憶に残らないアニメだと思ったけど、全体的に思い返してみると、
  なかなか斬新なアニメだった。
  キャラは立っていたし、シナリオはめちゃくちゃだったけど毎回ちゃんと進んでいるのは感じた。
  なんというか、作風のわりには全然ストレスを感じないアニメだった。
  この異質な感じが印象深くて、なんとなく面白いと感じたんだと思う。

  最終的には、なんとなくイイ話だったねぇ・・・とか思わせるあたりは戦略だと思う。
  HJ文庫初のアニメ化ということなので、これからも良作を発掘してアニメ化して欲しい。



閃光のナイトレイド
  過去の歴史を背景にして、特殊能力者が暗躍するという、なんとも安定した作品。
  シンプルなキャラデザに対して、よくキャラが立っていたように思う。
  ただ、現実社会で能力者を登場させる手法は、やはり動かしにくそうだという印象を受けた。

  最終的に何がしたかったのかがよく分からないまま終わってしまった。
  作風がよかっただけに、不完全燃焼がもったいない。



B型H系
  田村ゆかり万歳!だけだったような気がするアニメ。
  1クールですら少し長かったんじゃないのかなぁと感じました。
  前半3話と後半3話でいいんじゃないかなぁと。
  ようは尺が長すぎた。内容が薄すぎた。

  コンセプトとしてはとても面白い。
  ただのラブコメにとどまらず、初Hや不器用な恋愛をコミカルに描き、
  オタク向けのインパクトを与えようとしていたのは感じ取れました。

  でもやっぱり薄い内容を延ばしすぎた感が否めない・・・



RAINBOW 二舎六房の七人  さらい屋 五葉  四畳半神話大系
  ノイタミナシリーズをまとめてしまった。
  最近調子がいいねbと言いたくなるぐらい好調だと思います。
  今期に複数アニメを作ったことで、ノイタミナの色が出てきたように思います。

  リアルな日常を背景にして、少し不思議なことが起こる。
  もしくは少し不思議な人が平凡な日常を面白く演出する。
  しかもそれは、比較的現実的で、それでいて誰にでも起こりそうな現実。

  なんだか自分でも何を言っているか分からなくなりました・・・。
  ドラえもんの作者は「SFとは、少し不思議の略だ」と言いましたけど、つまりそんな感じですw
  着眼点や表現技法が独特で面白いアニメを、今後も期待。



会長はメイド様!
  最近では珍しくもなくなった、少女漫画原作のアニメ。
  深夜放送に抜擢される少女漫画アニメはどれも新鮮で面白いです。

  このアニメも例外ではなく、面白いです。
  キャラが非常に立っていて、誰を主役にしても話が進められるのはすごいです。
  イメージとしてはスキップビートみたいな雰囲気です。

  シナリオが進むにつれて、本当に少女漫画か?と思うような飛びぬけた話があるのが
  面白いです。(本当に原作にあるシナリオなのだろうか?)

  驚いたのが、2クールだということ。
  BHと比べるのもあれですが、本当にネタが尽きないアニメだと思いました。






今期で驚くのは、もう一度見直したいアニメが2本もあったということ。
振り返ってみると、今期はなかなかハイクオリティだったような気もする。

つまらなそうだと言いながら、ずるずると最後まで見てしまうのは、
やはり魅力があるからだろう。
全部見なきゃよかった・・・と思うアニメはなく、とりあえず見ておいてよかったなぁ
という感じ。

例年だと4月よりも8月のほうが、話題作が沢山出てくるイメージだけど、
さて、今年はどうだろうか?

関連記事

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/432-0536feb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。