ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年に1度はやっておきたい・・・パソコンのトータルメンテナンス

毎日使うパソコン。
しかし、消耗品であるパソコンは、使えば使うほど性能が落ちていきます。

車にも車検があるように、パソコンもせめて年に1度ぐらいはちゃんとしたメンテナンスをしたほうが
長持ちしますし、性能の維持やセキュリティの面からもきちんと整備することをオススメします。

以下はあまりパソコンに詳しくない人でもできそうなメンテナンスを並べてみました。

年末の大掃除のときにでもやるのが効果的かもしれません。



上から順番に実行するのが一番効率がいいと思います。

 ・本体の掃除
 ・不要なファイルを削除する
 ・不要なソフトをアンインストールする
 ・インストール済みソフトウェアを最新版にする
 ・不要なゴミファイルを削除する
 ・レジストリの整理整頓
 ・ディスクのクリーンアップ(古いファイルの圧縮)
 ・エラーチェックと最適化(デフラグ)




・本体の掃除
  唯一お金がかかるメンテナンス。
  まずは100円ショップでOA機器用クリーナー(ウェットティッシュみたいなやつ)を
  買ってください。

  あとは本体を拭くだけです。液晶画面は傷つきやすいので注意。
  キーボードの上やマウスを拭いてください。
  ノートパソコンならひっくり返して軽く振ると、キーボードの隙間のゴミが落ちます。
  
  続いて、掃除機を使います。
  吸引を「弱」にしてファンが空気を取り入れている口を吸います。
  ほこりによって空気の通り道が詰まり、パソコンが発熱すると処理能力が落ちるので、
  外側からほこりを取ります。(扇風機の掃除だと思えばいい)
  キーボードの隙間もほどほどに吸い込んで掃除してください。



・不要なファイルを削除する
  非常に手間がかかる掃除です。
  まずはマイドキュメントを開いて、いらないファイルを削除してください。
  削除するべきか否かは、ユーザーにしか判断できませんので、こればかりは地道にやるしかないです。
  特に動画や写真などはデータ量が大きいので優先的に削除できるといいです。
  また、フォルダ分けできていないデータは、きちんとジャンル・用途ごとに分けましょう。

  どこのフォルダに大きなデータがあるのかを知るにはFileSumというフリーソフトが便利です。
  ディレクトリの容量表示 FileSum
  このソフトを使えば、パソコン全体でどこのフォルダがデータ量が多いのか分かります。
  コストの見える化ならぬ、容量の見える化です。

  ただし、C⇒WINDOWSとC⇒Program Filesに入っているデータは絶対に消してはいけません。
  今回消していいのは、自分で保存した画像、動画、文章だけです。
  身に覚えのないデータを消すとパソコンが起動しなくなる恐れがありますので注意。



・不要なソフトをアンインストールする
  続いていらないソフトのアンインストールです。
  コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」でリストを表示。
  普段はあまり見ないでしょうが、一つ一つ確認して、不要なソフトや使わなくなったソフトを
  アンインストールしてください。

  ただし、.NET Frameworkシリーズ(1.1~3.5までの各種)、Java、Adobeというソフト全部、
  Microsoft Visualシリーズ(C++やBasic)は消してしまうとトラブルになる可能性がありますので、
  残したほうがいいです。



・インストール済みのソフトウェアを最新版にする
  次に普段使っているソフトを最新版にします。
  これはパフォーマンスの向上、予期せぬエラーの防止、セキュリティホールの修復
  の意味合いがあるので、できるだけ実施してください。
  ちなみに全てのソフトのアップデートを調べようとすると、あまりにも時間がかかりますので
  あらゆるソフトを最新バージョンに更新して、脅威に備える(Secunia PSI)
  これを使ったほうが早く正確に行えると思います。



・不要なゴミファイルを削除する



・レジストリの整理整頓



ディスクのクリーンアップ(古いファイルの圧縮)
  Windowsに付属しているソフトを使います。
  「マイコンピューター」の中にある「ローカルディスク(C)」を右クリック
  ⇒プロパティ⇒ディスクのクリーンアップ
  (処理に1分~20分ほどかかります)
  処理が終了すると、ごみ箱、古いファイルの圧縮、、、などのリストが表示されます。

  左側にチェックをつけると処理を実行します。
  ごみ箱にチェックをつけるとごみ箱が空になるので注意。

  ファイルの圧縮は、過去に使っていないファイルを圧縮する処理です。
  (ZIPやLZHで圧縮するのではなく、あくまでWindowsオリジナルの簡易圧縮を
   このパソコン内にある間だけ有効にします)
  オプションで日数が変えられます。不安な場合は90日程度に設定するといいと思います。
  そもそも3ヶ月も使っていないデータなんて、最悪消してもOKな気もしますが・・・

  OKをクリックすれば処理が実行されます。
  データの容量によっては処理に数時間かかりますので気長に待ちましょう
  Dドライブがある場合はそちらも同様に処理をします。
  


エラーチェックと最適化(デフラグ)
  最後の項目です。
  パソコン内のデータを全てひっくり返して、より使いやすいように並び替えます。
  なんだか大掛かりな処理に聞こえますが、大掛かりです。
  5時間程度の処理が必要で、その間パソコンを使用することができません。
  寝ている間や、外出中に行ってください。だからこそ年に1回の頻度で十分です。

  さて、ひっくり返すとか並び替えるとか書きますと、中身をめちゃくちゃにされてしまいそうですが、
  見た目は何も変わりません。中身を弄るというのは、要するに掃除であり、
  中のデータを動かしながら掃除をしていると考えてください。
  (部屋の大掃除をするために、ベッドや机を移動して掃除して戻す。というのと同じです。
   そんな掃除をしたら何時間もかかりますよね?)
関連記事

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/417-886bca46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。