ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツの着こなしについての記事

スーツの着こなしについての記事を見つけたので抜粋。

(※ソースは2010年4月3日朝日新聞朝刊「あなたの安心」から)

就活記事ではなく、社会人に向けた記事ですが、使えそうなので紹介。


『中身で勝負』というのは甘えでしょう。
中身は当然あるものとして、それをきちんと人に伝えるために外見も磨かねばならない。


 例
  ネクタイが少し緩み、シャツの第1ボタンを留め忘れていた
  袖にあるボタンが止まっていなかった
  ↓ ↓ ↓
 「ビジネスでも隙があるように感じる。君とは取引しない」


  靴下が破けている
  ↓ ↓ ↓
 「こちらの見えないところで手を抜く人では」



きちんとした外見はコミュニケーションの手段であり、リスクマネジメントでもある。
外見で第一印象が悪くなると、大きく不利になることもある。


鏡を見ながらスーツを着る。こんなことから、ちゃんとしていない男性が多い。
自分が思っている以上にNGなポイントが目立つことがあると考えておいた方がいいですよ



§スーツを着ている時に求めるイメージ
   (インターワイヤード調べ。2007年8月。2800人の男性を対象)

・清潔感・・・・・42.6%

・落ち着き・・・・33.5%

・さわやかさ・・・31.5%

・かっこよさ・・・23.8%

・仕事ができる・・23.5%

・おしゃれ・・・・21.4%




以上の記事は、社会人(特に営業者や商談者)向けの内容ではあるが、
面接で対応するのは、社会人である人事・社長であるということを忘れてはいけない。
関連記事

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/384-a6167af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。