ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

オタクと一般人、曖昧な境界線

『オタク』という言葉が一般化し、社会に広く認知されるように
なってから随分と時間が経ったように思う。
つまるところオタク達は市民権たるものを手にしたのだ。

ところでこの『オタク』という言葉。現代社会では一体どのように
扱われているのだろうか?

『キモい』『汗臭い』『リュックを背負っている』『ブサイク』
といった認識がされていたのは、もう既に過去のことだと思われる。

では現代社会に生息しているオタクとは一体何なのだろうか?
眼鏡個人の独断と偏見から、適当に書いてみたいと思う。


§オタクと一般人。境界線の存在は無意味

いきなり表題を否定するようなテーマだが、これは定義付ける上で最も
大切なことなので最初に述べておく。
ここで私は『これがオタクで、こういうのはオタクじゃない』
ということを言いたいのではない。
境界線たるものは『自覚する』か『周囲数人に認知される』だけで、十分
なのである。「僕は(私は)オタクです」「あなたはオタクだ」という会話が
成立するか否かの話である。


§『オタク』という単語の意味

最初に述べたように「オタク」とはこんな人。という定義は既に
失われてしまっている。語の生まれは「秋葉原のマニアが、お宅は
どう思いますか?お宅は?お宅も?」らしいが、今となってはそれは
どうでもいいことだ。
現代社会で『オタク』とは
『趣味の延長線上』『フェチの延長線上』
と定義付けられているように思われる。
漫画やゲームなどのサブカルチャー以外でも広く使われているのが
その証拠となるだろう。

そして昔のように「軽蔑・差別」的な意味を持たなくなっていることも
忘れてはならない。
「オタク」はアキバ系の単語から、趣味の度合いを指す形容詞に
姿を変えたのだ。


§軽蔑を含んだ「オタク」っぽいメディアとは?

今回、一番書きたかったセンテンス・・・というかこの部分しか
いらないのが本音w
今、軽蔑される(語弊が生じているが適切な単語が見つからないので)
元祖?オタクっぽいものとは何か?
それは、ゲームやコミック、アニメに登場する二次元美少女=萌え
のジャンルである。
この『萌え』という単語。非常に抽象的で一般的には何なのか解らない
と思われる。とりあえずオタクが使う「キモい」言葉というニュアンスが
現在定着しているようだが、
「かわいい」「癒される」「美しい」「守ってあげたくなる」
といった定義が挙げられている。
しかしながら、上記でも解るように、定義が全て主観である。
つまり
『「萌え」とは何か?説明せよ』

『「かわいい」とは何か?説明せよ』
は同レベルで超高難度の論述問題なのだ。
と、話が脱線したので元に戻す。

では元祖?オタクっぽいものとは何か?
簡単にいうと「アニメオタク」「漫画オタク」「ゲームオタク」
が挙げられる。(あと例外に「ガンダムオタク」もか?)

さらに具体的にするならば
アニメ・・・涼宮ハルヒをはじめとする深夜アニメ
漫画・・・・同人誌(まだ認知度は低いかも)を読む人
ゲーム・・ゲームにもアダルトを求める人

自分で書いてなんだが、納得がいかない・・・
とにかく、こんな感じ。
(主観論文だから「こんな感じ」でOKですよね?)

で、何がいいたいかというと最近オタクがオープンだと
いう話。
最近なら
「らき☆すた」皆知ってるのに詳しかったらオタク。
深夜アニメは嫌いだけど「デスノート」のアニメは面白い。
深夜アニメは嫌いだけど「図書館戦争」のアニメは面白い。
「ひぐらし」知らないけどとりあえず犯罪!
と、意味不明である。
それがいいことなのか悪いことなのか・・・
それに関しては正直どうでもいい。




何が言いたかったのか?
食事を終えたら解らなくなってしまった・・・orz
関連記事

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/38-1f82222b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad