ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010年アニメレポート】 - 3月 (冬クールまとめ)

2010年最初の1クールのまとめ。

注目作品は、・とある科学の超電磁砲 ・ひだまりスケッチ☆☆☆ ・おおかみかくし ・はなまる幼稚園
         ・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ・おまもりひまり ・バカとテストと召喚獣 ・デュラララ 他




まとめなので順番にだらだら書きます。

  まず、今期期待していたのはとある科学の超電磁砲です。
 2クール目ということもあり、期待は高まる一方。
 最終的には、作画・シナリオ共にハイクオリティを維持したまま大団円を迎えました。
 途中にオリジナルを加えながらのアニメの中では、かなりレベルが高かったのではないでしょうか?
 ただ、最終回の盛り上がりが少し物足りない感じがしました。
 まぁそもそもが学園モノであって、派手な戦闘がしにくいことが原因。演出は素晴らしかったです。
  特にキャラクター設定が等身大だったのがよかった。
 見た目も中身も、いい意味で子供でした。特に初春の頑固さが時々怖いとの話がありましたが、
 凄く中学生らしい喧嘩だったり考え方だったりが出ていたのでよかったと思います。
 最近は、見た目とか精神年齢とかが無茶苦茶なので(むしろそれに違和感ないですがw)こうした
 等身大のきちんとしたキャラはよかったです。
  また、主題歌も絶賛されてましたね。fripSideは2曲ともよく売れましたし、売り出し中のELISAの
 ED1「Dear My Friend」も人気が高かったです。

  次に注目したのは、ひだまりスケッチ☆☆☆です。
 作品は3期目なのでよく知ってますが、実はアニメをちゃんと見るのは今回が初めてw
 相変わらずかわいいキャラクターと作画・演出は完璧で、安心して見ていられました。
 期待を裏切らないアニメですね。
  第1話から新キャラ(しかもかわいい)が登場し、巷でも非常に盛り上がっていました。
 主題歌も間違いなく売れるモノでしたし、特にmarbleのエンディングは根強い人気が出そうです。

  今期最大の期待作といえば、ソ・ラ・ノ・ヲ・トでしょうか?
  アニメノチカラの第一弾。始まってみればけいおん!だといわれ、終わってみればなんともいえない
 雰囲気を残していきました・・・。
 ただ、評判は結構いいです。というかアンチがいませんでした。
 まだまだ今後期待のシリーズですね。

  期待作ならおおかみかくしもありました!
 原作は竜騎士07。ひぐらし、うみねこ、に続き3作目のアニメ化です。
 しかも原作ゲーム発売から短期間でのアニメ化。期待の波に乗っていると思います。
  私は竜騎士は苦手なのですが、今回はわりと見やすかったです。
 彼の特徴である、タイムスリップ?ループ?やメルヘンチックな演出が少ないことが要因だと思います。
 ただ、シナリオが竜騎士らしい、と感じたぐらいで、特に謎解き云々に魅力は感じませんでした。
 萌え系推理モノとでも言うのでしょうか?あまりインパクトはなかったです。
 説得力は過去2作よりはあって納得しましたけど、これ以上書くのは控えよう・・・

  新しい癒しを提供してくれたのは、はなまる幼稚園でした。
 幼稚園の可愛さよりも、コミカルなシナリオに癒されました。
 本当にコント?がよかったです。キャラクターが立っているのが大きいですね。
 人間関係の構図も分かりやすくていい感じです。
 原作は4コマ漫画なので、らき☆すたやひだまりに続き、
 4コマ漫画アニメ化の流れを、正統に引き継いだ作品といえそうです。
関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/379-325be7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。