ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんまり書きたくないけど就活の話・・・

きっと今の先輩も当時のこの時期は就活話で持ちきりだったに違いない・・・

いろいろやってはいるけど、なんか適当にはじかれててやな感じ・・・

まぁ「本気でやってる?」って聞かれたらぶっちゃけまだダラダラやってる段階だったりする。

相変わらずアニメは見てるし、説明会で満足してふらふら遊んだり、パソコン弄ったりしてますw

きっと就活偏差値的には、43点ってとこだろう。

まぁやってはいるけど、まだハードルとか困難とかにはほとんどぶち当たってないってのが本音。

ESとGDと個人・グループ面接を一通り体験しました!ってレベルw

これから忙しくなるんだろうなぁ・・・。

以下は適当なコピペ



マイナビ2011では、2010年2月22日に、会員登録数がのべ60万人を突破したと発表した。
2009年は、4月18日だったので、昨年より55日早く60万人を突破したことになる。


2011年卒業予定の学生を対象とした就職活動状況調査結果によると、学生の活動が前倒しとなっている一方、
採用する企業側の活動は前年に比べるとあまり進んでいないことが分かった。(マイナビより)


学生の1月の活動状況を見ると、前後半ともにセミナー参加、ES提出などと回答する割合が、
対前年で増加しており、活動を前倒しで行っている様子がうかがえる。
特に「エントリーシートを提出した」は前半10.2ポイント、後半4.0ポイントと増加が目立つ。

 一方、「1次面接を受けた」割合は前年比で、前半2.6ポイント減、後半2.5ポイント減少した。
長引く不況で採用を取りやめる企業や採用予定人数の決定を遅らせる企業も多くなっており、
企業側の活動は前年に比べるとやや遅れぎみで、慎重な採用姿勢がより強まっている可能性がある。



学生に就職活動の終了予定時期について尋ねたところ、前年は「5月下旬」までに終了すると回答した割合が
累計で75.7%だったのに対し、今年は累計で67.3%となり、8.4ポイント減少した。
終了時期が前年より後倒しになると予想する学生が増えている。

今春卒業予定の学生の就職内定率が7割台に落ちていることを考えても、多くの学生が就職活動が長期戦になることを覚悟しなければならない状況だ。


1月29日に、企業へのエントリー数や、セミナー・会社説明会参加回数、エントリーシート提出者の割合は
いずれも前年を上回っており、学生の動きが例年に比べ活発であることが分かった。
特に、企業にエントリーした学生は98.5%とほぼ全員。
一人あたりの平均社数は64.2社で、前年比13社増。文理男女別に見ると、文系は男女とも70社を超えている。
この数字は前年度モニターの4月時点でのエントリー社数に匹敵するという。


志望業界を決定している学生は全体で71.4%と、前年同期比8.8ポイント増加した。
また、志望業界を最大5つまで選んでもらったところ、全体では「銀行」(29.5%)が最も多く、
「水産・食品」(20.6%)、「マスコミ」(19.5%)、「商社(総合)」(18.6%)と続く。
文系では「銀行」が4割を超え、「保険」「信用金庫」なども10位以内に入るなど
金融系の人気が目立つ一方、理系では前年同様、製造業が上位を独占しており、
安定を求める学生像が浮き彫りになっている。


7割の企業が、6月以降も採用を続けるとしているが、逆に3割強の企業は、
6月末で採用を終了するという統計もある。

また、6月の上旬には大手企業の内々定が出ますが、その後の就職活動は第2の山となりそうです。


その他、今日参考にした就活サイト
キャリアコーチの就活応援日記】(2006年の日記)
日本人材ニュース キャリアニュースサイト
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/377-8031966c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。