ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

【劇場版】涼宮ハルヒの消失 を見てきた!


↑劇場版の公式サイトはこちらから↑


ハルヒの映画を見てきた。

「前評判ほど悪い映画じゃない」との評判でしたが、

正直1500円分の価値はありました。初期のテレビアニメを見ていて、暇な人は見てみてはいかがでしょうか?



正直、見る前まであまり期待はしていなかったです。

見終わったらブログでネタにしてディスってやろうとか思ってましたw

だが、期待をしていなかったせいもあるのか、普通に面白かったから困る。

いざ、ブログでディスろうと思っても、特にこれといった欠点は見つからないw

まさに「よくできました」といった感じ。点数をつけるなら85点ぐらいあげちゃうレベルでした。

(なんだかんだ言っているが、私はアニメを全部視聴してる上に、原作も全部読んでいたりする。
 今回の映画の内容についても、実は過去に予習済みで見ました)

内容としては、いつもの日常からハルヒの存在が消える。
そんな世界で主人公のキョンはどうするのか?
というのを描きます。

なんと上映時間は怒涛の2時間30分!

話を知っていたので、時計をたまに見ていましたが、最初の20分でアニメのようないたって普通の話。
そのあとの10分ぐらいでハルヒが消えているのがじわじわと分かり、キョンが奮闘します。

キョンの混乱振りは、外から見ているとかなり異常でしたけど、そこはアニメだということと、
声優の杉田さんがなんとかした感じw

話のピークは開始後1時間30分経ったあたりでしょうか・・・。
SOS団が再結集するまでがスピーディでメリハリが効いてました。
逆をいえば、後半1時間はぬるぬると進行した感じがします。
これ以上詳しく書くとネタバレになるので自重。

他に良かった点は「キャラ立ちのバランスの良さ」です。

ハルヒ・・・我が強すぎるキャラですが、今回は控えめ。
      キーパーソンではあるので、ポイントだけ出演した感じ。アンチ平野に優しい設計w

長門・・・・まぁ今回のメイン。巷ではとにかく「カワイイッ!」という評価で持ちきりでしたが、
      実際にその通りでしたwテレビアニメ版とのギャップを楽しめる人ならきっと萌えるはずw

みくる・・・長門の次にメインで、ハルヒよりも活躍してた印象。
      キャラとしては薄いので、今回多めに出てもウザさがない。
      こちらも演出上のキーとなるので、ポイントだけしっかり押さえて出演した感じ。

キョン・・・いつもの主人公。久しぶりに"ぼやき"を聞いたが、原作の表現力よりも
      声優の表現力に助けられている感じがした。
      ウザさも減少しているし、今回は好感の持てる主役になっていた。

古泉・・・・完全に脇役。物語の進行をスムーズにする役?
      それでも存在感があったのは、キャラが立っているからに他ならないと思う。

以上、長々と書いたが、一番言いたかったのは、ハルヒという作品はキャラが非常によく立っているということ。
振り返ってみると、背景とか設定とかキャラクターとかは凄く魅力的だし、よくできてる。
じゃあなんで叩かれるの?アンチが多いの?と思うが、
それはキャラクターを動かす人、つまり原作者の想像力というか妄想力が足りないんじゃないかと思えてくる。
二次創作のほうが面白かったりしてw
なんにしても、いい環境がそろってるんだから、もう少しシナリオ頑張ってほしい・・・

最後に、
劇場版はとても面白かったのだが、アニメ2期のことを考えるとプラスマイナスゼロという気がしなくもない。
エンドレスエイトの汚名を埋めるだけの魅力が、原作にはある。それは保障できる。
また、これだけの内容ならテレビで放送せずに劇場化したのも納得する。
なぜなら、眠くならないし退屈しないシナリオだったからだ。
次がどうなるのか?気になってどんどん次を見てしまう!
こんなアニメは個人的には「AIR」と「リリカルなのは」以来です。
どんな作品であれ、次が気になってしまう作品というのは良作だと思います。

関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/375-b107df2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad