ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

【再放送】 リリカルなのはA's <第13話> 感想

§データ
  ・サブタイトル
    スタンバイ・レディ
・内容
  リインフォース(完成プログラム)の登場。
  防衛プログラムを失った闇の書。破壊は簡単。と同時にヴォルケンズの消滅?
  守護騎士プログラムと本体の分離は成功済み。消滅は完成プログラムのみ。
  夜天の書(本体)の破壊へ。なのは・フェイトによる破壊の儀式。
  はやてとリインフォース、最後の会話。
  リインフォース消滅、デバイスのみが残る。  
  グレアム提督の引退。フェイトが妹に?
  後半へ続く
  雪の降る街、海鳴市となのは&フェイト。
  フェイト「執務官になる」ことを明言。なのはも管理局員になることを明言。
  ユーノとなのは。ユーノ、無限書庫からの誘い。
  クリスマスイブが終わる。翌日はすずか家にてクリスマス会。
  はやては保護観察を受けることに。はやて管理局就任を希望。
  恭矢と美由紀にクリスマスメール「大事な話がある」
  アリサとすずかにメール「話したいことがある」
  子犬フォームについて語る。
  すずか家にて全てを語る。高町家にてリンディの説明。
  闇の書事件の終結と、始まる新しい日々。

  6年後...
  
  
  


§気がついたこと

  ・大団円なのに盛りだくさん?
  ・大人に見えた15歳も、StrikerSのあとでは子供に見える?



§感想
  ついに最終回です。
  すでに戦闘は終わっているので最後の最後の大団円というかエピローグみたいな?
  それでいて結構いろいろな話が詰まっていて、事件という本筋とは関係ないのに重要な回だったりします。

  話としてはリインフォースの消滅から始まり(思えばこれだけでAパート消費)、グレアム提督の引退、
  なのは・フェイト・ユーノが今後について語り、イブが終わってクリスマス、家族や友人にこれまでの魔法の
  経緯を説明し、最後には6年後の描写とそれぞれの経緯を説明・・・
  と、Bパートがかなり忙しいことがわかる。
  当時、6年後を見たときは、本気でリリカルなのはが終わってしまったと思いました、、、
  そんな「終わった」と強く思わせた理由は、Bパートの流れ全てに原因があります(演出さすが!)

  さて、私個人的にはBパートのエピローグがとても印象に残っているのですが、ファンの中では、
  リインフォース消滅イベントに強い感動を覚えている人もいます。
  個人的には、はやてやヴォルケンズが大好きですが、初代リインフォースには全く感情移入できないので、
  いまいち泣ける回として認識できません。(まぁゆえに泣けた無印のほうが好きなわけですが)
  そこは納得な話で、リインフォースについて何も知らないことと、はやてとリインフォースとの思い出が
  なにもないことが挙げられます。
  (正確には、リインフォースははやての夢に何度か登場し、はやて自身も夢の中でリインフォースの過去を
   見ているのですが・・・それはドラマCDでの話なので今回のアニメだけでは分かりません。)
  前にも書きましたが、「飼っている犬が死んだ」というだけでは感動はできません。
  思い出やキャラを知り、感情移入できてこそ感動が得られるので、今回のリインの死で感動するのは難しいかと
  思います。もっとも、ついに最終回だという、ある種別の感動や、感慨深いものはあるかもしれませんが…
  と、なんとなーくリインフォースが嫌いな?眼鏡でした。

  6年後の話は、、、おまけであると同時に、都築さん(原作者)は本気で終わらせるつもりだったと思う。
  原作のゲームでも、彼は同じ手法を使っている。
  つまり、終わってからエンディング(スタッフロール)を流し、エピローグをアクセントとして追記する。
  という方法です。まぁギャルゲ―ではよくある方法ですが、さらに続編をソフトとして出しちゃうあたりは、
  D.C.発表以前では珍しい体系だったような気もします。
  話が逸れましたね・・・

  最後に15歳バージョンの皆さんですが、StrikerSを見た後では、やはり子供っぽく見えます。
  始めて見た当時は「どう見ても高校生だろ・・・」と感じたのですが。
  まぁStrikerSが「どう見ても社会人だろ・・・」と感じたので、1世代?ズレてピッタリな感じかな。

  あと当時は、クロノの声変わりとリインフォースⅡにも驚かされました。
  ただ、この2つの新要素を見ても、次回作の伏線にしては弱いように思え(むしろ都筑さんの遊び心)、
  またStrikrS発表までのスパンを考えると、やはりここが最終であり、終わらせたんだろうなと感じます。

  でもStrikerSがないと映画化もなかったので、むしろ踏み台にはなったのかな?w
  別にStrikerSが嫌いなわけでもないんですがね・・・


  Fin...
関連記事

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/335-17bf4d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad