ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

2009年1月(冬クール)で終了したアニメの総まとめ&感想

2009年も4月に突入し、深夜アニメも(一部を除き)がらっと総変わりしました。

そんな中で、前作が次々と最終回を迎え(もう終わってます)せっかくなのでまとめておきます。


§ 2009年1月から3月の間に放送・終了した深夜アニメのまとめ
  まずは反響の大きかったアニメ。まぁ良くも悪くも有名になり掲示板やコメントが賑わい荒れた作品なんですが、
  間違いなくCLANNADとらドラ!でしょう。
  
   CLANNADは昨年度から続き2期を放送。1クール+2クールの長い長い作品となりましたが、
  元々「京アニ×Key」ということで注目度は高かったです。原作の賛否両論と同様に、アニメのシナリオに関する
  感情的な意見が多数出ています。また、とらドラ!も原作及びアニメシナリオの賛否両論を多量に見聞きしました。
   どちらの作品にも共通して言えるのが「原作厨」と「アニメ厨」の対立です。
  この対立と争いが熱を帯び、勢いをつけ、盛り上がり、知名度を上げていきました。
  まぁお互いに「住み分け」が大切だということですね。

   次に原作の知名度が高く、良くも悪くも「安定したアニメ」であった作品に触れます。
  とある魔術の禁書目録みなみけ おかえり続 夏目友人帳あたりは、
  2期であり、また原作が確立しつつある作品なので、安心して見られたように思います。
  「とある」はノベルスからの期待。「みなみけ」「夏目」は深夜の常連として、どっしり構えていました。
  ネット上でも特に目立った炎上もなく「万人に受け入れられつつ、住み分けのされたアニメ」に感じました。
  特に少女マンガが原作である「夏目友人帳」の伸びは凄いですね。
  
   少女マンガ原作といえばスキップ・ビート!も個人的には大当たりでした。
  女性主人公&女性筆者ならではの目線、シナリオ。それでいてキャラも凄く立っていたのでメリハリがありました。
  話のテンポも良く、見ていて飽きない。まぁ男が脇役含めてイケメン揃いなのはご愛嬌ですw
  が、恋愛もシンプルで乙女チックな感じは見られないので、男性視聴者にも嫌悪されにくい作風でした。

   男性云々といえば黒執事も忘れてはいけませんね。
  人気声優「小野D」が率いる男だらけの作品ですwさらに美男の天使やら悪魔やらが細目スマイルで登場します。
  ただ、個人的にシナリオは楽しめました。ちょいとグロい?ダークな?描写が良かったのかもしれません。
  シドが歌うOPはいい曲です♪オリコンやカラオケのランキングで上位に入っています。

   曲と言えばアリプロがOPを歌った鉄のラインバレルがありましたね。
  前回の記事で「宣伝の割には面白くない。「かんなぎ」とは真逆の経営戦略失敗の例」として挙げました。
  主人公の中二病っぷりや狙いすぎな王道シナリオは、好きな人にはたまらない作品でしょう。個人的には飽きて打ち切りましたがw

   飽きる&王道と言えば黒神もその類の作品でした。
  作画や作風は、いわゆる今風な感じなのですが、設定・シナリオに特徴がありません。
  なんというかありきたりな感じ。感想が極めて書きにくい作品でした。
  点数を付けるならまさに50点。といった感じで、合格点には届かないけど半分ぐらいです。
  過去にもそんな作品があって(風のスティグマというアニメです)特に悪くないけど良くもない微妙な作品でした。
  今書き直しただけでも微妙なレビューになります・・・

   あとは突出して面白かったアニメとしてONE OUTS-ワンナウツ-です。
  過去に記事を書いていますが、超がつくほど面白かったです!
   記事を書いた作品として宇宙をかける少女もありましたね。
  こちらは後半になるにしたがって味が出てきました。面白いです。ネット的には隠れた名作ですね。あまり知名度がありません。
  空かけは6月まで続く2クール作品なので、今後も目が離せません。

   感想に挙げられなかった明日のよいち!空を見上げる少女の瞳に映る世界は話題性がなく、
  今後間違いなく忘れられる作品でしょう。



§視聴者データ

<全話視聴済み>
「とらドラ!」「黒執事」「CLANNAD~AFTER STORY~」「とある魔術の禁書目録」「スキップ・ビート!」「ONE OUTS-ワンナウツ-」
「みなみけ おかえり」「続 夏目友人帳」「宇宙をかける少女 SORA Kake GIRL」

<大体視聴>
「黒神 The Animation」「明日のよいち!」

<半分ほど視聴>
「鉄のラインバレル」「空を見上げる少女の瞳に映る世界」

<一部のみ視聴>
「WHITE ALBUM」「RIDW BACK -ライドバック-」「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/162-40ea1d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad