ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

花粉症対策 プチ情報

今年も花粉の季節がやってきました・・・

植物にとっては愛の儀式でも、我々花粉症患者から見れば黒魔術の儀式か呪いの人形みたいですよね


さて、いつまでも嘆いているわけにはいきません。少しは自己防衛をしなくては。

今回は、花粉症対策というよりも花粉防衛のお話です。

内容は難しい専門用語や治療ではなく、私自身が体験したことを載せます。

つまり体当たり式の記事です。

私は理科系等の専門生ではないので、信憑性には欠けると思いますが、体当たりなら信頼性を得られるのでは?

ちなみに花粉症暦は3年目です。


§「くしゃみ・鼻水・なみだ目」を総合的に緩和する


 もっともポピュラーな方法として「飲み薬」があります。
 一度飲めば一定時間は花粉に対して無敵状態になれる素晴らしい物です。
 マリオのスター状態みたいですねw
 欠点としては、飲んでから効果が現れるまでに時間がかかってしまうこと。
 つまり即効性がないわけですね。

 あと、薬と患者の相性によってはまったく効かないこともあります。

 事実、私も2種類の薬を試し、片方はまったく効果がありませんでした。
 しかも被験者は私と親です。親はどちらの薬も効果がありました。
 これは遺伝よりも「どのような花粉に弱いのか?」で薬の効果が分かれる気がします。

 ちなみに試した薬は以下の二薬品

      薬品名              主成分?                結果
 ・パプロン鼻炎カプセルS        塩酸プソイドエフェドリン      私○  親○
                        塩化リゾチーム

 ・アスゲン鼻炎錠S            無水カフェイン            私×  親○
                        グリチルリチン酸

 結果から推測するに、花粉症対策用の薬は2種類
 ・塩酸プソイドエフェドリン タイプ
 ・グリチルリチン酸 タイプ
 もし今お使いの薬が効かない場合、もう一方を多く含んだ薬を買ってみるといいかもしれません。
 先にも書きましたが、私は薬剤系の知識はないので、あまりあてにしないように。


§安眠を確保するために

 花粉症の時は、くしゃみや鼻水で自己防衛をしています。
 一日中自己防衛をしているので、普段よりかなりの疲労やストレスが溜まります。
 これは体調不良の元となりますので、せめて睡眠だけはきちんと取りたいもの・・・

 就寝時は当然目を閉じるため「なみだ目」は関係ありませんが、「くしゃみ」と「鼻水」つまりは「鼻」に関する花粉症が問題となります。
 特に鼻水によって鼻が詰まると『もはや睡眠どころではなくなります』

 安らかな眠り・・・安眠を手に入れるための手軽な方法として
 ・鼻腔を物理的に広げる
 ・炎症を抑える
 の二つがあります。

 ・鼻腔を広げるというのは、ブリーズライトのような商品を鼻の上に貼って、鼻を引っ張る方法です。
  最近はスポーツ選手も鼻につけているので見たことがあるのではないでしょうか?
  あまり効果がなさそうに見えますが、通気性はかなり良くなります。
  ただ使い捨てなのが難点。あと鼻に直接粘着テープで貼り付けるので、抵抗がある人にはオススメできません。

 ・炎症を抑えるというのは、飲み薬でも可能ですが、効果が現れるのに1~2時間かかってしまいます。
  それよりは、『点鼻薬』の使用を強くオススメします。
  最大の利点は「即効性」です。服用後、約10秒で効き目が現れます。
  これなら、鼻づまりで深夜に起きてもすぐに寝ることができます。
  私は昨年から『スットモア点鼻薬』という薬を使い始めました。
  『超即効性』『すぐに安眠』できます。

  欠点としては鼻水に対応できないことです。睡眠時の鼻づまりは魔法のように無くなりますが、
  鼻水が多いとき(医療用語:鼻汁過多)に使うと大変なことになります。



花粉症うぜえええええええええええええええ

ブログに親まで引き合いに出してしまったZE orz
まぁ遺伝とか関係ないよ、と言いたかったので出さざるを得なかったのですが・・・
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meganekozo.blog52.fc2.com/tb.php/134-d67d84e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad