ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スパイウェア「RelevantKnowledge」の感染経路

昨年度の10月に『「RelevantKnowledge」というスパイウェアの対処・駆除方法』に関する記事を書きましたが、
その記事に関してちょっと気になるコメントを頂きました。
なんと『おそらくですが、自分はこのソフトで拾いました』だそうです。

数少ない貴重なコメントだったので、思わず実証してしまいました。
『人柱』になりました。つまり自分が実験体になったわけですw

§実証(実験?)
  ・情報より問題のソフトをダウンロード(インストーラーでした)
  ・Avira AntiVirにてインストーラーをスキャン→異常なし
  ・Spybotにてインストーラーをスキャン→異常なし
  ・インストーラー起動
  ・問題なくインストール完了・・・
  ・と、思ったらSpybotSDがなにやら検知しました!【資料画像①】
  ・「変更を遮断」を選択。事なきを得ました・・・
  ・が、もう一度Spybotが起動。さらにIE起動→IEフリーズ【資料画像②】

 前回調べた結果で「RelevantKnowledge」は海外プロキシを強制経由させるソフトでした。
 自動起動したIEは

 (https://post.securestudies.com/campaignstatus.aspx?campaign_id=299&os_type=5&ver=1.0.0.78&mon=7&time=22719&exe_name=rkinstall.exe&fs=NTFS)
に繋ごうとしました。例のプログラム(.exe)の名前やMarketの文字がアドレスにありますね。
 このソフトがどんな方法でそれを実行するのか?専門的な部分は私ではわかりません。
 が、今回の実験で、インストール後に「RelevantKnowledge」が起動し、かつSpybotが検知することが分かりました。

 スパイウェアが含まれていたソフトについてですが、配布元がきちんとした企業のようです。
 なので、このソフトはマーケティング会社がソフト配布と引き換えに顧客情報を入手していたのかもしれません。

 なんにしても、RelevantKnowledgeは決して無作為にばらまかれたスパイウェアではなく、
 ユーザー側がきちんとした対応をしなかったことに原因があります。
 また、フリーのソフトを扱う上でこのような被害を受けることは、あらかじめ了承しておかなければならないことも事実なので、
 今回の件で非があるのは100%ユーザーです。
 間違っても配布サイト及びソフトを非難してはいけません。


§最後に
 こんな弱小ブログに情報提供いただき本当にありがとうございました。

 また、本当に最後の最後になってしまい申し訳ないのですが、「齋藤 毅」様からいただいた最初のコメントはとても嬉しかったです!
 当時からずっとコメントを返せずすみませんでした。


スポンサーサイト



目的別にデスクトップを使い分ける『DeskChange』(フリーソフト)

パソコンの電源をつけると、まず最初に現れる画面はデスクトップです。

デスクトップ画面はその見易さと作業のしやすさから、たくさんのフォルダやショートカットアイコンを並べてしまいがちです。

結果、デスクトップはアイコンでいっぱいになってしまい、よく分からなくなります。

それにショートカットアイコンがたくさんあるとうことは・・・

「宿題のレポートをやろう!」
 (画面にはゲームのショートカットが...)
「ちょっと遊んでからにしよう」

とか

「さて、重要な会議の資料画像は・・・っと」
 (資料画像へはデスクトップのフォルダショートカットが近道)
「・・・・・」
 (デスクトップには多数のフォルダが・・・。さらに趣味の画像や動画も点在)
「目移りするなぁ・・・。モチベーション下がるなぁ・・・」

なんてことになりかねません。

もし、デスクトップ画面を「仕事用」「趣味用」「ゲーム用」などに分けられたらどうでしょうか?

切り替えるごとにショートカットやフォルダの表示が変わります。

これは作業効率を上げることにも繋がります。


と、いうわけで今回紹介するソフトはこれ↓
   『DeskChange』

「マルチデスクトップ」で検索すると似たようなソフトがたくさん見つかりますが、
どれも基準としたデスクトップ画面を複数利用するソフトでした。

このソフトは、任意に指定したフォルダをデスクトップとして扱い、切り替えができます。

(解説:従来のマルチデスクトップ
      基準のデスクトップ画面A→A→A→A と切り替える
     このソフト
       基準のデスクトップ画面A→B→C→D)

つまり「新しいフォルダ」のように「新しいデスクトップ」を作成します。

ただしこのソフトはVistaで本領発揮されるハイカラさんです。
もちろんXPや2000でも動作確認はされているので、問題なく使用できます。
ただしVista以外のOSでは、デスクトップフォルダ以下の階層で作ったフォルダしか設定できません。

(C:\Documents and Setting\(ユーザー名)\デスクトップ 以降のフォルダのみ)

結果としてデスクトップ画面に新たなフォルダを作らなければならないわけですが、
それでも「フォルダ画面」と「デスクトップ風画面」、どちらのインターフェイスが使いやすいかは言うまでもありません。

§インストール方法
 ・圧縮ファイルを展開するだけです。
 ・レジストリはいじりません。
  なのでとりあえず導入してみて、使い心地が悪ければ直接削除でOKです。




§個人的な感想(編集後記w)
続きを読む

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ