ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

今、アニメ「とらドラ!」が熱い!

昨年度から放送が始まり、あっという間に2クール目がクライマックスを迎えているアニメ「とらドラ!」

いつの間にか知名度も上がり、今では「CLANNAD AFTER」と二分するくらい感想&批判コメントが多く見られます。

そんな人気絶頂中のとらドラ!ですが、確かにこれは面白い。

ただの『学園ラブコメ+ツンデレ』作品と紹介するには語弊が生じる作品だ。

私はアニオタで原作主義者(ラノベリアン)ではないので、作者独特の表現技法や今後のシナリオについて触れる機会はないが、
アニメ単体としてみても非常に興味深いジャンルの作品だと思う。

ただ2クールは長いので、今から見る人は途中からでも・・・と思い公式サイトでストーリーを見直してみると・・・
う~む・・・どうやら6話あたりから見なければならなさそう、、、
てっきり12話ぐらいからでも十分かと思ったのだが・・・

確かに、話のベクトル(というか主旨?)が大きく変わり始めるのは11話(文化祭の話)あたりからなのだが、
それは前座を順に見てきたからいえる話・・・。突然だと意味不明ですね。



この「とらドラ!」という作品。一体何が面白いのか?
それは『キャラクターごとの心情変化の上手さ』にあると思う。

通常のラブコメなら、主人公(男)と幼馴染(もしくは居候や許嫁)が最終的にくっつく・・・までの過程を楽しむ。
しかしこの作品のメインヒロインである「大河」(ツンデレ&C.V.釘宮理恵)は微塵にも主人公(男)を好きにはならないのだ。
それどころか、本気でサブキャラ(男)を愛し、主人公もサブキャラ(女)を本気で好きなのだ。

この「たすき掛け」のような恋愛事情は終盤までもつれ込みます。
最終的には本命に戻りそうな気がしますが、どちらとくっつくか分からないこのドキドキ感は
作品に最高のスパイスを与えてくれます。

では過去にこのような作風のラブコメはなかったのだろうか?
・・ 続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:とらドラ! - ジャンル:アニメ・コミック