ブログパーツ

眼鏡小僧の独り言

パソコン関連や深夜アニメ、イベントで買ってきた同人誌のレビューなどをする情報配信ブログです。 ※閲覧推奨環境 Windows7 64bit Firefox

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年冬期スタートアニメでお気に入りはどれ?

ソースはこちら↓

http://www.vsist.com/ranking/639

まぁアニメが面白いかどうかなんて100%主観的問題なので
このランキングに文句をつけるつもりはありませんが・・・

結果↓

1位:true tears

2位:シゴフミ

3位:ARIA The ORIGINATION

4位:H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~

5位:【俗・】さよなら絶望先生

6位:ロザリオとバンパイア

7位:狼と香辛料

8位:君が主で執事が俺で

9位:みなみけ~おかわり~

10位:PERSONA -trinity soul-


流石にインターネットで集計しただけあって深夜ばかりですね(苦笑)

ちなみに11位にはMAJORがランクイン

総投票数が27385票あるので多少は信用できる結果といえるか。

知名度でいったらラノベの「シゴフミ」か2クール目の「みなみけ」が
上位に入るのは必死なわけだが、なぜ「true tears」?

ネットを巡回していても特に目立った盛り上がりもなく、
原作(ゲーム)の人気も爆発的とはいえない模様・・・

単純に面白かったということだろうか?

集計をいつしたのかは定かではないが、全話終えてからの集計では
なさそうなので、単純に期待値が一番高かったアニメなのだろう・・・
スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

オタク4世代論 アキバ王が語るオタクの“ライト化”だ、そうです

詳しい記事は下記参照↓↓↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/19/news027.html

なるほど~そうか、そういう考え方もあるなぁ・・・と一人納得(笑)

まぁおしゃれかどうかはともかくとして、太った中年のおじさんで、
リュック背負って、ビームサーベル(ポスター)握った人は、最近
見かけませんね・・・

私自身がアキバデビューしたのが去年ですから、今と昔の変化を
語ることは出来ませんが、今も昔もそれほど変化があったようには
思わないんです。

つまり、オタクのイメージな人は昔からいなかったんだろうなぁ・・・
といいたいわけです。

だって実際にいたらちょっと、ねぇ・・・

そもそも世間で「おじさん」っていったらサラリーマンなわけで
常識を持った一般人があまり奇抜な格好はしません

まぁこんなことが言えるのも今のアニメイトやとらのあなで
大人買いしてるのが背広のサラリーが多いのを見ているから
なわけで、昔は本当に『オ・タ・ク』な人がいたのかもしれません
けどね・・・

相変わらずの文章力でスマソ・・・

今回のテーマはこちら

アニメの歴史とアニオタの世代

私がアニオタであることを自覚してから持ち始めた持論ですw

昔から最近までのアニソンを流しながら、アニソンの世代変化を
紹介する動画・・・

を、将来的にはニコ動に投函したいなぁと思ったり

§アニオタ第零世代

アニメオタク最初の世代は、「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」
に代表される世代です。

この世代のアニメは、まだ「テレビ漫画」と呼ばれていた時代で、
日本独特のアニメーション技術を根本的に作り上げた神様のような
世代です。この世代が無ければ今のアニメは無いわけですから

現代のアニオタを語るにあたり、この世代はやや的外れな所
があるので「第0世代」と考えます。

また、この世代のアニオタ(?)は現代のビジュアル系(?)
アニメに興味を示す可能性がほとんど皆無なことも理由に挙げます。

§アニオタ第一世代

最初にアニメオタクを生み出したのは1979年に放送
が始まった「起動戦士ガンダム」だと思われる。
また「新ドラえもん」や「ベルサイユのバラ」の放送
が始まったのも79年である。

この世代では、アニメが娯楽として定着した時期であり、
特に「ガンダムオタク(ガンオタ)」は今のアニオタの一部
を占めている。

残念ながら私はガンダムをまったく知らないので、
この世代での長文は書けないが、「テレビ漫画」が
「テレビアニメ」へと100%な進化を遂げたのは
この時期で間違いないであろう。

§アニオタ第二世代

テレビアニメがもっとも活性化し、もっともアニメを見た
世代と思われる。代表作品として「爆走兄弟レッツ&ゴー」
「デジモンアドベンチャー」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
「名探偵コナン」「ドラゴンボール」などなど同じ世代だけを
見てみても誰もが知っている作品ばかりである。

この世代では公共放送のNHKでさえ「忍たま乱太郎」や
「おじゃる丸」などの名作を生み出した。

まさにアニメバブル、黄金世代と言えよう。

そんな時代に生まれたのがアニオタである。

アニオタを生み出す原因となった大きさ作品として
「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」
「カードキャプターさくら」が挙げられる。

言わずもがな、今アキバにはびこる美少女キャラクター
の根源であろう。

§アニオタ第二世代(2)

次は第三世代と言いたいところだが、ここからが微妙なところに
なってくる。

と言うのも第二世代以降、テレビアニメは非常に多様化します。

特に深夜アニメに火が点くのがアニメバブル直後のことである
ため区切りがつかないのである。

この(2)とは、いわば第二世代の裏側に位置するもので
作品として「D.C.」「AIR」「魔法少女リリカルなのは」を
挙げておく。

第二世代のアニメを見ていた大人がそのまま深夜にシフトした
ケースと、学生が偶然深夜アニメを見たケースが考えられる。

前者は真性なオタクであり、後者は新星なオタク。
ちなみに私は後者に当てはまる。

今存在する大体のアニオタはこの第二世代だと思われる。

§アニオタ第三世代

将来のアニメ文化を支える世代とでも言うのだろうか?

「涼宮ハルヒの憂鬱」や「ひぐらしのなく頃に」「らき☆すた」に
影響された新米の世代。
知っていてもオタクじゃないと言い張るような作品世代で、
深夜アニメまでもがメジャー化した時代。

特に「デスノート」などのアニメを深夜に放送したことが火種と
なっている。



と、こんなくだらない定義を当てはめているのが
現代のゆとりだったりする

個人的にはあながち間違った区分わけではないと思っていたり・・・

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。